オーバーローンとは?住宅ローン借り換え情報サイト

banner

オーバーローン状態とは

住宅ローンの契約中に、オーバーローンという状態になってしまう人がいます。住宅には担保額があります。住宅をいくらで売却できるかという数字です。その数字よりも住宅ローンの残高が大きい状態のことをオーバーローンと言います。簡単に言うと担保割れの状態です。
万が一の場合、住宅を売却して住宅ローンを返済することになります。しかしオーバーローンになっていると、住宅は売却したのに手元には住宅ローンが残るという事態になってしまいます。

dont do it!
そもそもどうしてオーバーローンのような状態になってしまうかというと、住宅ローン契約の際に自己資金が少ない場合になりやすいです。自己資金が少ないということは、頭金として支払う額が少ないので、住宅購入額のほとんどを住宅ローンとして借り入れてしまうことになります。住宅の価格というのは購入した時が最も高く、時間の経過につれて減少してきます。そのため住宅価格の下落が返済のスピードを追い越してしまい、オーバーローンのような状態になってしまうのです。

そのため、オーバーローンの状態を防ぐ最大の予防策は、自己資金をためておくことになります。自己資金を多くし、頭金として多く支払えば、それだけ借入額を少なくすることができます。そうすれば住宅価格が下落しても、それにともなって住宅ローンの残高も減っていくでしょう。オーバーローンにならないようにするという意味では最も効果的な方法です。

他の方法としては、繰り上げ返済を効果的に利用するということになります。住宅購入時に頭金を多く用意できなくても、こまめに繰り上げ返済をすることで、オーバーローンにならないようにすることができます。

オーバーローンになった場合、万が一住宅を売却する際に非常に負担が大きくなります。なるべくオーバーローンのリスクを少なくするためにも、自己資金を用意してから住宅購入を検討するようにしましょう。

住宅ローンの借り換えを検討している人は多いかもしれません。しかし借り換えによって本当に得をできるかどうかを判断しなければ、借り換えによって損をすることもあります。そこでここでは住宅ローンの借り換えによるデメリットを紹介していきましょう。

諸費用を検討

住宅ローンの借り換えをする際には諸費用がかかります。これは新規に契約するのと同じくらいの費用がかかるので、割と高額になるでしょう。借り換えは住宅ローンの変更ではなく、新規に契約した住宅ローンで前の借り換え 住宅ローンを返済するという流れになります。そのため新規に住宅ローンを契約するように費用はかかるのです。金額については借入総額や返済方法によって変わってきますが、しっかりと検討しておく必要はあるでしょう。
参考:借り換え 住宅ローンhttp://jyutakuloankarikae.net/

諸費用の中で非常に大きな金額になるのが保証料です。この保証料についてはローンによって無料になることがあります。それでも費用はかかるので、借り換えによって本当に得をすることができるかどうかは、この諸費用も検討して判断する必要があるでしょう。

この他にもデメリットは存在しています。もし現在固定金利で契約している人が、借り換えによって変動金利に変わったとしましょう。その際には金利変動のリスクを背負うことになります。また借り換えによって返済期間が十年未満になった場合には、住宅ローン控除を受けることができなくなります。このように借り換えによって発生するデメリットはしっかりと把握しておく必要があります。

オーバーローン実情

・2011年12月購入  3000万円の物件に対して2700万円(9割ローン) ・2012年7月購入 ・2012年10月購入  6700万円の物件に対して7200万円(オーバーローン) ・2013年6月購入  2400万円の物件に対して2400万円(フルローン) ・2013年8月購入  7700万円の物件に対して8200万円(オーバーローン)

住宅ローン(新規お借り入れのお客さま・お借り換えのお客さま) | 新生銀行

http://www.shinseibank.com/powerflex/housing/

住宅ローン金利の知恵

http://www.lisasvaxthus.com/
Copyright(c) 2013 オーバーローンとは?住宅ローン借り換え情報サイト All Rights Reserved.